カモメツーリストへようこそ! 海外旅行の格安フリープラン・観光ツアー・格安航空券ならおまかせ!
中国旅行・海外旅行・格安航空券のカモメツーリスト

カンボジア料理の夕べ@2018年5月24日(木)

公開日 : 2018年6月5日

スタッフ:I

 

カンボジア(シェムリアップ)から現地旅行社のスタッフCさんが来日されました☆
長年のお付き合いで、毎年、シェムリアップへのツアーの際には手配をお願いしている信頼のビジネスパートナーです。今回の日本出張中は、留学中の知人宅にお泊りのようで、夕食にお招きされました♪
新宿区内では珍しい一軒家に留学生数人でお住まいのことです。

居間にはさりげなく仏像が。食器や雑貨に違和感なく紛れております。
一見無造作に置かれているように見えてアートを感じます(@_@)

おつまみにぴったり!甘辛い腸詰め☆

台湾料理の腸詰めと近いお味ですよー。

生春巻きはその場で手作り♪

ニンニクなどスパイシーな具材を入れてるのがベトナム風とは一味違うところ。(推測)
注:ベトナム風春巻きにもにんにく入りがあった場合はすみません(汗)
みんなでひとつづつ手作りで巻き巻き♪

山積みすると壮観ですね!

前述の通り、中にはニンニクも入っており、また、ピリ辛のソースも付けるので、ヘルシーさだけでなく、見た目とは裏腹に、意外とパンチが利いていてビールが進みます♪

焼き肉も登場!

敢えて赤身を残した半焼き状態。柔らかくて食べやすかったです☆

コーンも添えると更に写真映え♪

コーンって、一度口にするとなかなか止まりませんよね!?

この後、〆には海老の入った甘酸っぱい海鮮雑炊が。
「カンボジアなのに海鮮!?」と、突っ込みたくなった貴方はブブー(><)
内陸国のように思われるカンボジアですが、実は南西部には海があるんです。
それもとびっきりのホワイトサンドが☆
※ま、私はここに来る前からカンボジアに海があること知ってました。(`・ω・´)キリリッ
※カンボジアのビーチリゾートツアーは近日中に発表予定です。すみません、番宣のようでm(- -)m
※その他、ここで得た「へえ~」は流れの都合で最後にご紹介♪

さて皆様は「カンボジア料理」と聞いて、どんなイメージがありますか??
正直、イメージが湧きづらかったと思います(笑)
実際、私も業務上、深くカンボジアに携わっている割にはよく分かっていませんでした(苦笑)
それが、今回で良く分かった・・・ わけでもなく(笑)、いまだ特徴をうまく表現はできません(汗)
でも、とにかく美味しかったです!うん!御託やウンチクは置いておいて、とにかく美味しかったです♪
(ウィ○ペディアを見れば解説があるかもしれません)

その証左に!?食が進み過ぎてカンボジアの方々の写真を撮るのを忘れてしまいました(- -;)
ほんと、皆さん素敵な笑顔で癒されるんです♪楽しい様子をもっとお伝えしたかったです。
記念写真(集合写真)を撮るのも忘れるくらい、夢中でご飯にありついてしまいましたわ(苦笑)

甘辛いお料理がとても美味しかったので、何杯もご飯をおかわりしてしまいました!
アルコールもアンコールしました!(アンコール遺跡なだけに。えへへ♪)

帰りにはバナナチップのお土産もいただきました♪
お腹はいっぱいの筈なのに、デザートは別腹。お家に帰ってその日のうちにたいらげました(^▽^)

=本文中に差し込むタイミングが無かった「へえ~」なネタをいくつか☆=
お料理が美味しかっただけでなく、お話も楽しかったです!↑の分中の流れでご紹介できなかったネタを五月雨式に(この記事は6月に執筆ですが・・・汗)

■カンボジア3番目の新しい世界遺産「サンボープレイクック遺跡」はシェムリアップからも日帰り可能とのこと。アンコール遺跡群との世界遺産巡りの新企画を構想中です!
■カンボジアの女性は、基本は「待ち」のようです。どんなに、その男性を好きでも、自分からは言わずに待っているようです。ですので男性は、女性から誘ってこなくても、「自分には気はない」とネガティブに思ってはいけないようで、察して自分からアクションしないとならないそうです。女性はどんなにその男性を好きでも直接は口に出したり行動に移したりは無いそうで、男性は、時折のシグナルとサインを読み取ってアプローチしないとならないそうです(男性は大変ですw)
■Cさんはなんと!猫ひ○しさんとSNSで繋がっているようです(@_@) 有名人が一般の人とSNSで繋がるなんて日本じゃ有り得ませんよね!?「凄い!」とは思いましたが、「僕にもアドレス教えて!」とは1ミリも思わなかったですが(笑)